トレンドブログの記事の更新頻度は毎日がベスト?時間が副業での実践の場合はどうする!

トレンドブログ更新頻度a

この記事を書いた人

元サラリーマンブロガー
森 晋司

副業が会社にバレて10年以上勤務した会社をあっけなく解雇。
それでもブログによる収入と情報発信ビジネスによって生計を立て、いまは自由に生活しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

プロフィール

「トレンドブログって毎日更新しないといけないの?」

「やっぱり手間がかかるんですね…」

 

そんな風に思われている方も結構多いようですね。確かにそう思われるのも無理はありません。

特に副業でトレンドブログに取り組む場合には、時間の確保が難しい場合もありますよね。

僕自身はそういった『時間』のハンデは睡眠時間を削るという行為でカバーしてきましたが、もちろんそれ以外の方法でもトレンドブログを実践することは可能です。

その際のトレンドブログの更新頻度についての考え方をまとめてみました。

トレンドブログの記事の更新頻度の考え方

「トレンドブログ」というビジネスの特徴を考えた場合、目の前の話題になっていることをネタとして記事にしていく為、そのスピードばかりが注目されることが多いのですが、トレンドブログは速さばかりを追求しなくとも十分に稼ぐことが出来ます。

むしろ、目の前の話題ばかりに気を取られて記事を書いていると、

 

「大きなネタが発生しないときは稼げない」

 

という事態になってしまいます。

であれば、そもそもの思考を構築し直して、

 

「トレンドを待ち構える」

 

という考え方を持てば、時間的な余裕が生まれて、特に大きなネタが無くても安定的な収益を得ることが出来ます。

もし、その考えを定着することが出来れば、1日に何記事も更新することなく、着実にブログを育てることが出来ると考えます。

それは僕が実際に実践したから分かる、Googleが好むSEOの本質に関わってきます。

トレンドブログの更新頻度は毎日必要なの?

結論を言えば、トレンドブログは「毎日の更新が必要」となります。

1日に何記事も投稿しなくとも、稼げますが、最低でも1日1記事は投稿する必要があります。

 

これはトレンドブログを『一つのメディア』として捉えた場合、更新頻度がバラバラなメディアと、毎日決まった間隔で新しいコンテンツが提供されるメディアのどちらが、ユーザーに価値を提供出来ているメディアなのかは一目瞭然ですね。

それは何もブログだけの話ではありません。

地上波のテレビ番組でもそうです。

毎週月曜21時に放送されるテレビドラマ。

それを楽しみに放送を待っている視聴者。

番組が急に放送を中止し、「今日は放送しませーん」なんていう事態になれば、一気にファンは離れます。

熱狂的なファンは離れないとしても、信頼度が落ちてしまいます。

間違いなくメディアとしての信用が落ちるのです。

 

これと同じ事がブログにも言えるのです。

Googleは「信頼できるメディア」を求めています。

それは何故か分かりますでしょうか?

Googleも営利企業だからです。広告主からの広告収入で経営を行っています。

広告主からの信頼を勝ち取らなければ、自分たちが商売を出来なくなってしまいます。

 

ということは、Googleが我々サイト運営者に求めるものも「信頼」であったり「信用」だったりするわけです。

その為、トレンドブログにおいてもメディアを常に動かしている必要があります。

つまり、記事更新を毎日続ける必要があります。

トレンドブログは最初は量が必要

トレンドブログは、ブログ自体がGoogleの検索エンジンに認識されはじめれば、1日1記事でも十分にブログを強くすることが出来ます。

それでブログの強さ自体は十分に育てることが可能です。

 

しかし、ブログ立ち上げ当初、特にこれを読んでいるあなたがトレンドブログ実践の初心者であるならば、最初は1日3記事ぐらいの更新はした方が良いでしょう。

それはSEOの問題ではなく、あなた自身のスキルの問題です。

どんなプロ野球選手であっても、血のにじむような努力の裏側にあのスーパープレーがあるのです。

その努力なくして、観客を魅了できるようなテクニックは生み出せません。

 

SEOの知識や仕組みなどの問題ではなく、稼ぎたいのであれば、最初は『量』は必要です。

まとめ

僕はトレンドブログの更新頻度は毎日必要であると結論づけました。

それは今後の僕のトレンドブログの実践においても変わることはありません。

GoogleのSEOの本質もそう変わることはないからです。

 

その毎日1記事投稿という更新頻度に耐えうるようなスキルと思考を身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください