トレンドブログで稼ぎたければキーワード選定を極めろ!これが出来れば月収10万円だー!

トレンドブログ

昨日はおそ咲き組の月イチのZOOMグルコンを開催しました。

アド戦士2期も残り2ヶ月半ということで、この期間でメンバーが養わなければならないスキルが見えてきました。それは、

“キーワード選定スキル”

です。


アド戦士では記事作成に至るまでの過程として、3つのポイントを重点的に指導させていただいております。

1.ネタ選定
2.キーワード選定(ライバルチェック)
3.タイトル作成

上記3つを抑えることが出来れば月収10万には辿りつく。

これは既に月収10万円を達成したメンバーであれば理解できている点です。

「ブログ」というジャンルなのに、最重要ポイントの中に「文章力」が含まれていないのが面白いですよねw

はっきり言って月収10万円までは文章力を気にすることは無いと考えています。

普通に読める文章を掛ければ良いですし、小学生の読書感想文レベルでも稼げてしまいます。

これがトレンドブログの威力です。アクセスさえ集まれば報酬は発生するというメリットです。

この3つの過程の中で、メンバーに足りていないと思われるのは、「キーワード選定」の部分でした。

ネタ選定に関してはおそらく、そのトレンドの大きさであったり、アタリ・ハズレの勘であったりというのが分かってきている状態ですが、どうしてもキーワードの所で迷っている感が否めないと思い、
ガッツリとワークをしていただきました。

実際にやってみると、やはりまだまだキーワードを選ぶ力が足りてませんでした。

実際に行っていただいたワークは、突発的に発生したニュースに対して、瞬時にキーワードを思いつけるかどうかを試すワークです。

一つのネタに対して、3分間で3つにキーワードを選らんでもらいました。

その3つのキーワードの中に、

『必ず一つは「連想ワード」を含まなければいけない』

という条件をつけて、いざワーク!

あっ。このワークに使ったお題は次のようなものです。

・木村拓哉に不倫疑惑!
→あなたならどんなキーワードで記事作成しますか?

・V6岡田くんが早くも離婚!
→あなたならどんなキーワードで記事作成しますか?

・沢尻エリカが再婚!
→あなたならどんなキーワードで記事作成しますか?

ネタの振り方自体はザックリしていますが、この振りだけで十分だと思っています。

世の中のトレンドブログの記事にアクセスしてくる人達は、最初はさっくりとした一次情報だけを持って検索行動に入ります。

なので、僕たちも瞬時にキーワードを選定する為には、そのざっくりとした情報でキーワードを選ぶ必要があります。

このワークをした結果見えてきたのは、とても根本的なところでした。

『トレンドブログが何故稼げるのか?』

これを完全に理解しきれていないということです。

トレンドブログが稼げる理由は、世の中の人達が「知りたい!」と思える情報を提供するからです。

なので必然的にキーワードの中には、「知りたい!」と思える単語が含まれていなければなりません。

・木村拓哉に不倫疑惑!
→あなたならどんなキーワードで記事作成しますか?

このお題に対して、
こちらの回答だけでは不十分ということです。

木村拓哉 不倫 離婚

なぜ不十分か?

ちょっと考えてみましょう!




これは、
「知りたい!」と思えることを、
象徴する単語が含まれていないんです。

この単語の並びだけで考えれば、

・木村拓哉が不倫をして、その結果離婚するかもしれない

というような、ただの事象の羅列に過ぎないんです。

これでアクセスが来るか来ないかで言えば、
来るかもしれませんが、報酬の最大化は出来ないでしょう。

実際にこのスクープが流れたときに、
あなたならどんな単語で検索するでしょうか?

気になることはなんでしょうか?

これを突き詰めるだけでキーワード選定は上手くいきます。

僕たちはブログの記事を書く側であり、
情報を提供する側ではありますが、

受け取る側の気持ちや状況を理解しないといけないということですね。

ビジネス全般に通ずる考え方だと思います。

こういった所を伸ばしていければ、
かなり前進できると思います。

ぜひ意識して行動していきましょう。

(むしろこれが分からない限りはたぶん稼げないです,,,)

PS

じゃあ、この場合のどんなキーワードが最適なの?

という疑問がある方はメールをいただければお答えします!

morishinji777@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください