トレンドブログの直帰率を下げる方法 ポイントは『回遊性』と『属性』を考えること!

トレンドブログ直帰率下げる1

トレンドブログでアフィリエイトを実践していると、必ず直面するのが直帰率の問題です。直帰率は低ければ低いほど、そのブログ、記事の検索エンジン上での評価は、SEOを攻略する上で高いといえます。

しかし、トレンドブログの難点は訪問者をターゲティングしにくいことです。

こちらの記事ではトレンドブログ特有の記事のごちゃまぜ感を踏まえた上での、直帰率を最大限まで下げる方法を、ポイントを抑えながら解説しています。

トレンドブログにおける直帰率の考え方

トレンドブログでは一つのブログに対して、テーマを限定しない複数ジャンルの記事を投稿していくことになります。例えば、1日前は「母の日」に関しての記事を投稿していたにも関わらず、その次の日にはある芸能人の話題に対して記事を投稿したりするのが当たり前のように行われます。

このような状態だと、検索エンジン上からブログに対してのアクセスがあっても、そのページのみを読んで、あとは他のブログの情報を見に行ってしまう可能性が高くなりますね。

私も何も対策を打たなければ、直帰率は80%後半かもしくは90%台になってしまいます。

しかしながら、しっかりと自分のトレンドブログのポジションを考えて対策を打つと、私のケースでは50%後半まで直帰率を下げることが出来ます。

これは何か特別なことをやっているわけではありません。トレンドブログを実践する上での直帰率の考え方は非常にシンプルで、誰でも出来る対策になります。

意識として重要なのは『場当たり』的な記事投稿をしないという事になります。つまり、しっかりと方向性を考えた上で記事を作成・投稿していく必要があり、気分で「あれを書こう」「これを書こう」というブレブレな状態で記事を書くことは避けましょうということです。

トレンドブログの直帰率を下げる方法

トレンドブログを実践していく上で直帰率を下げる一番有効的な方法は、ある一つのネタに対して、「複数の記事」を書くということです。

1ネタ1キーワード1記事 という考え方ではなく、1ネタ複数キーワード複数記事 という投稿スタイルで臨むのが一番です。故に、必然的にその1つのネタで複数の記事を書く為の設計が必要になる為、もはやネタ選定の時点で、直近の記事投稿のスケジュールやリンクの結び方などを考える必要があります。

例えばですが、「母の日 プレゼント」というキーワードで記事を書こうと決めたら、メインワードは「母の日」になりますね。だとすると、このキーワードを選んだ時点で、複数のキーワードと複数の記事を投稿をすることを「決める」ことをしなければいけません。

決して気分で書いてはいけないのです。

母の日 プレゼント 50代

というキーワードで書こうと思ったら、すぐに「次に書くキーワードは・・・」というような意識転換が必要なのです。

母の日 プレゼント 家電

でもいいですし、

母の日 プレゼント 食事

でもいいです。

とにかく、1つのネタで複数の記事展開をしていくことを考えましょう。これを行うことで得られるメリットは絶大です。後述する『回遊性』のメリットが生まれるだけではなく、情報収集の時間が短縮できます。

さっきまで「母の日」の記事を書いていたのに、それを書き終えた10分後には誰かの芸能人の記事を書いている、という状態ではとれもじゃありませんが、頭の切り替えが出来ず、もし出来たとしてもまたイチから違うテーマに関しての情報収集を行う形になりますので、情報収集という面で非効率です。

最初にメインワードを決める。そして、そのメインワードから派生させた複数のキーワードで複数の記事を書く。これを最初に決めるということが非常に重要です。

ここまで来れば、あとは関連の記事としてそれぞれの記事をリンクで繋げば、テーマが一緒の為、関連記事に飛んでくれる確率が高まります。

この関連記事が多ければ多いほど、2記事以上読んでもらえる確率が高くなるため、出来れば一つのネタで3記事、つまり、一つの記事に同じテーマの別の記事のリンクが2つ以上設置されている状態が望ましいです。

トレンドブログでの『回遊性』と『属性』についての考察

先述した意識を持つことで、ある程度のイメージを掴めたことと思います。ここからは、私が実際に行ってきた直帰率を下げる取り組みと検証についての見解、考察をお伝えします。

結論としては、トレンドブログでの直帰率を下げるには、「回遊性」と「訪問者の属性」を考える必要があります。

回遊性に関しては、読んで字のごとく、検索エンジン上から流れてきたアクセス=訪問者にブログの中をグルグルと回ってもらうようにする為の施策ですね。ある決まったテーマで複数記事を書きあげて、それぞれの記事にリンクを設置して、「回遊」してもらいます。

そうすることで、「有益な情報が複数あるブログである」と、検索エンジンから評価を得ることが出来ます。

これを行う為には、訪問者の属性を十分に考える必要があります。

先ほど例に挙げた、「母の日 プレゼント 50代」というキーワードがありますよね。このキーワードで検索を行う人は、男女のターゲティングは出来ていませんが、少なくとも「50代の母親をもつ息子か娘」になります。その人達に対して、「母の日 プレゼント 60代」というキーワードを選定して記事を書き、リンクを設置してもそのリンクを踏んでもらえる確率は低いでしょう。

なぜならば、「母親は大抵の場合一人であり、その母親は50代」であるからです。「60代の母親」に対しての話題はあまり必要とされていないのです。それよりも、その「50代の母親」に対してのプレゼントとして、その記事で紹介しているものとは別のものを紹介している記事に誘導し、「こちらのプレゼントもオススメですよー」と教えてあげたほうが、よっぽど回遊率は高くなりますね。

これを考えた場合、いくらトレンドブログであろうとも、「誰が、どんな人が」その記事を読むのかを理解、予測する必要があるということです。

まとめ

今回の記事ではトレンドブログで必ず直面するであろう直帰率を下げる方法を解説させていただきました。

「誰に、何を」届けるのか?

トレンドブログと言えど、これを意識出来ないと記事自体も内容の薄い記事になってしまいますし、複数の記事を読んでもらうことも出来ません。

しっかり意識して、計画ありきで記事投稿をしていきたですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください