サラリーマンの副業が解禁して一番最初にやることはコレ!ブログ,Youtube,転売,,,どれを選ぶ?

サラリーマン副業解禁a

2018年がサラリーマンの副業解禁元年だと言われていますが、「副業」といえども、何をやれば良いか分からないですよね。

そもそも、自分が今持っているスキルで本当に副業なんて可能なのか?ということが必ず疑問として沸いてくるはずです。

僕自身、ブログ収入で生計を立てていますが、副業でできることが他にもたくさんあります☆

こちらの記事ではサラリーマンが副業をしたい!と思った時の為に様々なビジネスを紹介させていただきます。それではどうぞ!

サラリーマンの副業の解禁で何が変わる?

2018年はサラリーマンの副業解禁元年と言われていますね。確かに一般企業の「副業」に対しての見方はかなり多様性を増してきました。

副業を容認する企業が続々と現れていて、あのソフトバンクですら従業員の副業を認めています。本来であれば本業の業務に支障をきたす、情報漏洩等の問題も出てくることから就業規則では副業が認められていないことがほとんどですが、これだけ副業解禁が叫ばれていますので、それが時代の流れというものなのでしょう。

「ブラック企業」という言葉が流行語大賞にノミネートされてくる時点で、世の中が求めているのは、もっと健全性のある就業環境ということが分かりますね。

実際、「働き方改革」などの施策も打ち出されており、従来のサラリーマンの労働環境が変わりつつありますね。この直近の動きを見て、サラリーマンの方が強く意識しなければならないのはどんなことなのでしょうか。

つまり、この副業の解禁が進むことによって、何が変わるかを認識し、それに対してただただ眺めるだけではなく、副業をするしないに関わらず意識しなければならないことがあるんですね。

それはどんどん「実力による評価」が強まってくるということです。

今までのように、名ばかりの実力主義ではなく、会社に対して本当の意味での利益をもたらしてくれる人しか残れなくなるということです。そりゃそうですよね。副業をやる理由は収入を上げたいから、ゆくゆくは独立を考えているからです。

ということは理由はどちらであっても、その人を雇っている会社側は優秀な人に高く給料を払って残ってもらいたい、会社に残ってもらう価値のある従業員を残す動きに入ります。しかも非正規社員の無期限雇用ルールなども適用されていることから、ますます正規雇用の会社員は真面目に自分のキャリアを考える必要があります。

その上で、「副業」という選択肢はかなりナイスな道です。

独立までは考えていなくても、いつ会社が傾いても、捨てられてもジタバタしないように準備をしておくということで精神的な安定も得ることが出来ます。

サラリーマンの副業解禁に乗っかるべき人は?

サラリーマンの副業解禁の到来に乗っかるべき人はいろんな属性の方に分かれます。

僕が思う副業を考えるべき人は下記に挙げるような方です。

 

①他人よりもちょっとだけ詳しいスキルがある

②会社員でいることになんとなく不安がある

③ゆくゆくは起業して独立したいと思っている

 

まずはこの3属性の方です。

これのどれかに当てはまる方は、いますぐにでも取り組む副業を何にするかを決めて、なるべく早く始めた方が良いかと思います。なぜなら、副業として取り組むべきジャンルは様々ですが、それらの副業に適したジャンルは、企業内の評価制度とは違って、「継続すれば必ず稼げるから」です。

まとめ

サラリーマンの副業の解禁に関しては、これからさらに追い風が吹いていくかと思います。今まで「終身雇用は終わった」と言われながらも、まだまだそれを後押しするような制度が現れませんでした。

だから、企業側も重たい腰をあえて上げずにいたんです。

でもここからはそれが出来なくなりました。動かざるを得なくなったんです。

しっかりと準備して、しっかり自分の身を自分で守れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください