ニシノコンサル(8/17放送分)の議事録・内容まとめ 動画を見逃した方の為に #1:LIVE集客10人 のアイドルをコンサル!

ニシノコンサル動画議事録1

この記事を書いた人

元サラリーマンブロガー 森 晋司

副業が会社にバレて10年以上勤務した会社をあっけなく解雇。

それでもブログによる収入と情報発信ビジネスによって生計を立て、いまは自由に生活しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。 ↓

プロフィール

AbemaTVで8月からスタートした「株式会社ニシノコンサル」ですが、結構な反響があるようですね!

こちらの記事では、ツイッターでも話題になっている番組内の議事録や、当日、再放送の動画を見逃した方の為に、私なりに内容をまとめております!

ぜひ参考にしていただければと思います!

ニシノコンサル #1 LIVE集客10人 のアイドルをコンサル 議事録

 

初回のニシノコンサルの放送のクライアント(相談相手)は、アイドルユニットの、

 

『風光ル梟』(かぜひかるふくろう)

https://twitter.com/kaze_fukurou/status/1015146396712722433

 

もはや、そのユニット名からして アウト! という感じのアイドルグループ。

 

相談内容は、

 

「知名度を上げて、ライブの集客数を増やしたい!」

 

というものでした。

 

その時の議事録はこちら↓

 

 

元から所属していたメインボーカルが結成直後に脱退。

脱退理由は、「もっとアーティスティックな活動がしたい」という理由だったらしいw

たぶん、加入する前に抱いていたイメージとは違ったんでしょうね。

ちゃんとオーディションを受けて入ったのでしょうが、、、

 

他のメンバーも元々は個々にモデル活動などを行っていて、

現時点でライブに来てくれているファンは、

その個々の活動から「引き続き」応援してくれているファンのみ!

 

数で言うと、ライブに来てくれるのは、たった10人…

 

この状態から少しでも多くの人にライブに来てもらう為にはどうしたら良いか?

 

西野亮廣、前田裕二の二人がコンサルします。

 

ニシノコンサルで西野氏、前田氏がコンサルした内容の詳細

 

今回の「風光ル梟」のライブ集客の相談に対して、

西野氏、前田氏がコンサルした内容はこんな感じです。

 

ライブ後の「出口」をデザインする

せっかく自分たちが集客したのにカラオケに行ったり、飲みにいったりする。

これは自分が使ったエネルギーが他の場所の集客になっているということ。

それは、

 

もったいなさ過ぎる!!

 

ということで、まずはライブが終わったあとの顧客の導線をデザインすること。

 

ライブが終わった後飲みにいくならアノお店に行ってください!

 

と宣言すること。

このことで、ファン同士の繋がりが出来あがる。

その繋がりさえ出来てしまえば、自分がその場にいなくても勝手にファン同士のコミュニティが出来あがり、

 

今度のライブはこの前知り合った田中さんがいるから俺も行ってみよう!

 

という状態をつくりだすことが出来る。

とのこと。

 

コミュニティ交換の概念

よく『対バン』を連発してファンをつくっていく戦略が見られるけど、

正直、その方法は限界がある。

なぜなら、

 

リアルで回遊しているファンの数には限界があるから

 

これを打破する為には、まずは自分たちのコミュニティ(ファンの母数)で100人を目指す。

その後に別のアイドルグループとコミュニティ交換してさらにファンを増やす。

 

落差と余白を意図的につくる

 

最初の100人のファンをつくる為には地道な活動が必要。

その為に必要なのは、

 

落差と余白

 

【落差】

人が「これは面白い!」と興味を持つものはすべて喜怒哀楽の落差があるから、その「落差」を上手につくりだすことが出来ればOK.

例えば、ツイッターで発信をおこなったときに、

 

アイドルなのに全てのコメントにリアクションする

 

とか。

『ホームレス小谷』はホームレスなのに毎日寿司を食べて、海外を飛び回って、結婚もしている。

 

○○ なのに ■■

 

という部分の柱をつくれれば、落差が出来て興味を持ってくれるとのこと。

確かに、「全てのコメントにリプするアイドル」は聞いたことが無いw

 

【余白】

ファンが応援したくなる部分を、あえてつくる。

すべてを完璧に行わない。

 

カッコよくないといけない。

アイドルは偶像じゃないといけない。

これが全てでは無い。

むしろ、それ一辺倒だと競合他者の中に埋もれてしまう。

 

自分たちの弱点をさらけだして、ファンが自分たちを応援してくれる部分をデザインすることも必要。

 

例えば、DJ大谷のライブでステージ上で踊っていたダンサー。

パフォーマンス的には 下の下。

 

 

でも、これを見に来た客は、

 

「自分にも出来るかも…」

「あれでステージ立っちゃうんだw」

 

という親近感を抱かせた。

これも一つの余白。

 

これらが主なコンサル内容でした。

 

ニシノコンサル #1 の動画を見た率直な感想

 

やっぱりあの二人はすげぇ..

この一言ですw

 

全て自身の体験や実例を元にしたコンサル内容で、番組の企画といえど、納得する部分が多かったです。

 

また、「ツイッターの全てのコメントにリプする」という手法は、SHOWROOM前田氏が多用している手法だと言います。

 

これが一番 コスパが良い のだとか。

 

超人気サービスを展開する会社の社長でも地道な活動をしてるわけですね。。。

そりゃ僕みたいな一般人のつぶやきですらリツイートされるわけです。

インフルエンサーにリツイートしてもらった2つの事例

 

まとめ

 

これが「株式会社ニシノコンサル」の初回の放送内容となります。

「動画見逃した!もっと深く教えて欲しい!」ということがあればコメント欄よりお知らせください!

コメントか記事の改編でお答えできます!

 

他の放送回に関してもアウトプットを行っております。

ぜひご覧いただければと思います。

株式会社ニシノコンサル(8/24放送分) 議事録・アウトプットまとめ

株式会社ニシノコンサル(8/31放送分) 議事録・アウトプットまとめ

 

最後までご覧頂き有難うございます!

 

西野亮廣エンタメ研究所(オンラインサロン)に入ってみたから評判が気になる方の為に書いておきます。 死ぬこと以外はかすり傷 死ぬこと以外かすり傷(著者:箕輪厚介)本の内容をもう一度振り返ってみた

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください