日常の生活をブログに書いて収入を稼ぐことは十分に可能です!必要なのは視点の切り替えです!

この記事を書いた人

元サラリーマンブロガー 森 晋司

副業が会社にバレて10年以上勤務した会社をあっけなく解雇。

それでもブログによる収入と情報発信ビジネスによって生計を立て、いまは自由に生活しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。 ↓

プロフィール

 

「日常の生活をブログに書いても稼げるの?」

「ブログで自分の生活をネタにして収入を得ている人がいるって聞いたけど…本当?」

 

稼ぐ為に大きな資金も必要なく、パソコン1台あればどこでも記事を書いて稼ぐことが出来るのが「ブログ」です。

ひとことで「ブログ」といっても様々なブログの形がありますよね。

 

その中でも、「日記」的なブログを書いても稼げるのか?

 

こんな風に思っている方は多いでしょう。

一般人がブログで稼ぐことになかなかイメージが沸きませんからね。

 

ですのでこちらの記事では、自分の日常を描くようなブログでも稼げるのかどうかをご説明させていただきますね!

日常の生活をブログに書いても収入を得ることはできる?

 

Shinji Mori

日常の生活を描くようなブログでも稼ぐことは出来ます!

 

確実に言えることは、ブログで稼いでいく上で重要なのは「継続」することです。

どんな内容であれ、ブログは書き続ければ報酬を得ることは可能です。

広告による収入であろうと、アフィリエイトであっても、その他に独自のサービスを展開する場合であっても、

 

続かない人がほとんど。

ブログの執筆を継続できるのは、「ブログで稼ごう!」と意気込んでスタートしたうちの1-2割ほどでしょう。

もしかしたら、それ以下かも知れませんね。。。

 

 

そのブログの内容が、たとえ個人の経験に寄った体験型のブログ、日記的なブログであっても、ブログの執筆を継続さえ出来れば、そのブログから収入を得ることは出来ます。

 

ただし、

 

ただの「日記」では稼ぐ事はできない

 

このことを理解する必要があるかと思います。

 

つまり、

 

報酬を得る為のブログ  = 日記ブログ  ではない。

 

ということです。

 

では、自分の日常をブログに書いて報酬を得るにはどんなことに気を付けなければいけないのか。

それはあなたがブログを書く時に、

 

価値を感じられる情報を記載する

 

ということをしないといけません。

 

あなたの「日記」を書いたブログに価値は無い!

 

先ほどは、「日記的なブログでも稼げます」宣言をしましたが、一つだけお伝えしておきます。

 

大変失礼な言い方ですが、、

 

Shinji Mori

誰もあなたの日記には興味はありません

 

この記事を読んでいただいているほとんどの方は、既に人気がある有名人でも無ければ、SNSで数万人もフォロワーがいらっしゃるインフルエンサーでも無いかと思います。

 

普通に生活している、一般人の方がほとんどですよね。

 

そいうった方が単なる日記を書いたところで、誰が興味を持つでしょうか。

大変失礼な言い方ですが、僕自身は一般人の方の「日記」には全く興味がありません。

今までもこれからもそうです。

 

どう考えても他人の独りよがりな日記を読む時間は、人生を歩んでいく上で、最も無駄な時間だと言えます。

 

なんの学びもありませんから。

 

・・・

 

Shinji Mori

そう!

学びが無いから読まないのであって、

何かしらの学びや読むべき価値がそのブログの中にあれば、

一般人のブログであっても読みますよね!

 

この部分が、あなたの日常がお金に変わる仕組みそのものです。

 

はっきり言えば、「日記」を書いてお金を稼げるほどインターネットの世界は甘くありません。

 

ブログ = メディア

 

ですので、テレビ、新聞、雑誌、有名サイトなどと同じ姿勢でブログ運営をする必要があります。

 

今の日本の人口が1億2000万人だとします。

その人達が1日に消費できる時間は限られるわけです。

 

1億2000万人 × 24時間 

 

これがあなたのブログに滞在してくれる時間の最大値です。

日本語で構成されたブログであれば、どう頑張ってもこれ以上の時間を奪うことは出来ません。

そもそも、これ以上の時間が存在しないのですから。

 

もしあなたがブログを開設して、色んな記事を投稿していくとして、そのブログに滞在してくれる時間を増やせば増やすほど、あなたがそのブログから収入を得られる可能性は高くなります。

 

ということは、

 

テレビ、新聞、雑誌、インターネット上の様々なサイトやSNSがあなたのブログのライバルになるわけです。

いつもはテレビを見ている人の時間を、自分のブログに来てくれるようなメディアに育てないといけないですし、

Youtubeを見るよりもあなたのブログの方が価値があると思ってもらわないといけないのです。

 

ただ日記を書いてそれらの大手メディアから時間を奪えるのは、既に認知度も人気度も高い有名人だけです。

 

Shinji Mori

逆を言えば、個人で大手メディアから時間を奪う方法があればブログに来てくれる可能性があるということです!

 

その方法が、

 

 

個人の経験や体験を、

他人でも価値が感じられる形に加工してリリースすること

 

 

になります。

そのリリースの方法を ブログ というツールを使って行えば良いだけです。

 

いわゆる「日記」との違いは、そのブログの記事を読んだ人が付加価値を感じられるかどうかです。

 

 

日記 = 付加価値を感じられない独りよがりな文章

ブログ = 読み手が付加価値を感じられる状態に情報が加工された文章

 

この違いによって、同じ日常を描いた文章であっても、感じられる価値は全く違うものになります。

 

あなたがブログで提供できる「付加価値」とは

 

『付加価値』というとややこしいのですが、

 

Shinji Mori

あなたの日常が、他の人から見て「役に立った!」と感じられるようにすれば良いだけです。

 

例えば、あなたがあるカフェに行ったとします。

 

そのカフェには電源はあったか?

そのカフェにはWi-Fiは使えたか?

そのカフェでたばこは吸えたか?

最寄の駅からどれだけ歩いたか?

静かだったか、ガヤガヤしていたか?

 

これらの情報をブログに書いたら、僕のような外でもパソコンを使って仕事をしたい人にとっては有益な情報になりますよね。

 

さらに、実際にこのカフェに僕が足を運んで、

 

「あのブログに書いてある通りのカフェだった!」

 

ということになれば、あなたのブログに対しての僕からの信用度が上がりますね。

そうなれば、またあなたのブログに僕が訪れる可能性は高くなります。

 

ただの日記とブログとの違いはここにあります。

 

ただの日記は、

 

・こんなカフェに行きました。

・コーヒーを頼みました。

・お友達とこんな話をしました。

・楽しい気分になりました。

・1時間くらいでお店を出ました。

 

….何も得るものが無く、読むだけで時間の無駄ですね。

 

同じ「カフェに行った」という一つの体験でも、視点を変えるだけで、自分以外の誰かに役立つ情報を与えることが出来るのです。

 

他の体験でも一緒ですね。

 

【映画を見に行った】

どの映画館に見に行ったか?

映画館の設備、チケットの予約方法、駅からどれだけ離れているか

・どの作品を見たか?

映画の感想、みどころ、印象に残ったシーン

これらは、その映画館にこれから行こうかどうか検討している人にとっては有益な情報になります。

 

【自分の子供が怪我をした】

どんな怪我だったか?

怪我をしてしまった経緯、医者に行ったのか、自宅で対処したのか、気を付けるべきこと

これらの情報は、今まさに同じような状況にいるママには参考になる情報ですね。

 

【いま話題の本を読んだ】

本から学んだこと、見どころ、その本を買うべき人とそうでない人

これらの情報は、これからこの本を買おうかどうか迷っている人にとっては有益な情報になります。

 

これらの他にも、

・料理をした

・家の近くのアスレチック公園に出かけた

・地元の花火大会に行ってきた

などの情報も、自分本位ではなく、他人の視点に立てば立派な稼げるブログになります。

 

意外と多いですよ!

こういった細かな情報を知りたいと思っている人は。

 

日記を書く = ただの日々の記録 = 独りよがり

ブログを書く = 人に何かしらの価値を与える = 他人の視点

 

この違いさえ理解できればOKです。

 

ちょっと難しいですかね(汗

 

 

難しく考える必要はありません。

 

カフェに行った → これからそのカフェに行く人の気持ちを考える

映画を見た → まだ見ていない人の気持ちを考える

子供の怪我に対応した → 今、子供が怪我をしてしまったママの気持ちを考える

本を読んだ → 同じを本を買おうかどうか悩んでいる人の気持ちを考える

料理をした → 同じレシピでつくろうとしている人の気持ちを考える

 

単純に、自分が先輩の気分になった感覚でブログの記事を書けばOKです。

 

一歩だけ先を歩く先輩の視点

 

これを持つことが出来れば、経験・体験自体が小さな出来事でも情報の価値は無限大になります。

 

例えば、僕は「京都」に旅行に行くのがとても好きで、京都に住みたいと思っているぐらいなのですが、そんな僕と、実際に京都に住んでいる人を比較した場合、

 

日常度

 

が全く違いますよね。

 

京都に住んでいる人にとっての京都 = 日常そのもの

東京に住んでいる僕にとっての京都 = 非日常

 

なのです。

同じ「京都」という場所にスポットライトを当てるにしても、その視点の持ち方で全く違う情報の受毛方をしています。

 

そして、それが日々の生活行動の一つ一つに現れます。

 

自分にとっての当たり前が、他人にとっては当たり前では無いのです。

 

いかに「他人にとっての当たり前でないこと」に気付けるかどうか

 

もっと言えば、

 

自分を客観視できるかどうか

 

というのが、日常を描くブログで稼げるかどうかの分かれ目になります。

 

この「自分を客観視する」ということも決まったステップを踏めば出来るようになります。

 

  • STEP.1
    経験の洗い出し
    自分の今日の行動を箇条書きにしてください。
  • STEP.2
    情報の洗い出し
    経験したことで得られた情報を箇条書きにしてください
  • STEP.3
    ターゲットの洗い出し
    STEP2で書きだした情報を欲しい人は誰かを箇条書きにしてください。

 

STEP3に関しては、○○な人、○○に迷っている人、○○に困っている人 というように書き出していってください。

 

このステップの中でSTEP3まで辿りついたあなたの”経験”があれば、その経験はブログの記事に出来ます。

もしSTEP3で 「その情報を欲しい人」 を書き出せなかった場合は、

 

その情報が他人に求められていない

まだそこまであなたが広い視点を持てていない

 

ということになりますので、ブログの記事にすべきではありません。

 

Shinji Mori

「ブログで稼ぐ」ことを考えたとき、全ての経験がブログ記事に出来るということでは無いというこを理解してください。

その為に、こういったステップを踏んで「本当にこの情報は他の人の役に立つ情報なのか?」というこを確認する必要があります。

 

Googleアドセンスでの収益化がベター

 

自分の日常の生活をブログの記事として書くので、その時々でテーマは変わってくるでしょう。

映画の記事を書いた次の日には、料理に関する記事を書いているかもしれない。

何か一貫性を持ったテーマでブログを書くわけではないので、ブログの収益化はGoogleアドセンスを使用するのがベターです。

 

こういった形でブログを書く場合に最も意識しなければいけないのは、とにかく記事の量を増やすということです。

 

ブログに訪れる人が多ければ多いほど、広告をクリックしてくれる人も増えるので、訪れてくれる人の入り口を増やすことがまずは重要です。

 

MEMO

・マネタイズは Googleアドセンスがベター

・とにかく多くの記事をブログに投稿する

 

結論:日常生活をブログに書いても稼げます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

結論としては、日常生活をブログに書いても収入を得ることは可能ですし、実際にそれで大きな報酬を得ているブロガーはたくさんいます。

ただし、

条件は「付加価値が感じられる形」でブログの記事を書くことです。

独りよがりな日記では誰にも見られませんので注意しましょう。

 

主婦がブログで稼ぐ方法をまとめています

専業主婦が稼ぐ為の在宅ワークは色々ありますが、やはり一番のおすすめはブログです。

アメブロでは有名人のブログがアクセスランキングの上位を占めていますが、一般人にはその人にしかできない戦略があります。

下記の記事では、専業主婦がブログで稼ぐ為の方法や、ブログの始め方を解説しています。

一般人の主婦でも人気ブロガーに負けないブログに育てて、収入を得ることが出来ます。

ぜひブログから収益を得る方法もご覧になってください。

専業主婦がブログで月5万円の収入を得る方法

 

 

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください