本来の自分の人生を取り戻す

本来の自分の人生a

「私の人生こんなはずじゃなかったのに…」

人生ってこう思うことの連続じゃないですか?

それこそ子供の時に卒業文集に書いた夢とか、
昔から思い描いていた理想とかあっても。

その通りに叶えられる人はごくわずかではないでしょうか。


僕も高校を卒業して、
大学に進学する為に上京してきた時は、
そりゃぁ夢に溢れた学生さんでした。

街を歩けば田舎では見たことの無い
広告やお店がそこらじゅうにあって、

「東京やべぇ!」

と思ってました。

もちろん実家の山形よりも、
東京の方が自分に入ってくる情報も多くなる。

興味をそそられるものもどんどん増えてくる。

僕が学生だったころは、
ちょうど博報堂出身の2人のクリエイターが注目を浴びていました。

・箭内道彦

言わずと知れたタワレコのキャッチコピー

『NO MUSIC, NO LIFE.』

のCMのプランナーです。

・佐藤可士和

博報堂でアートディレクターとしてのキャリアを確立して、

「楽天」「ユニクロ」などのアートワークを手掛けて、
当時からかなり注目を浴びていました。

この二人のクリエイターは、
当時、かなりの数のメディアが取り上げていて、
広告業界に興味が無い学生でも、

「この人たちって博報堂なんだぁ」

ぐらいの知識は誰にでもあったと思います。

僕は7つ離れた兄が映像業界にいたこともあって、
なんとなく上京したころから、
広告業界にはぼんやりとした憧れがありました。

「へー。なんか、シャレオツだな!」

ぐらいの感覚です。

その状態から大学3年までの2年間で、
どんどん広告に対しての憧れが強くなって、
就職活動もメインは「広告代理店」を受験。

クリエイティブ採用は
受験出来る学部が決まっているし、
そんな才能もないので通常採用へ。

「広告に携われれば何でもいい!
とにかくこの業界に身を置きたい!」

そう思いました。

当時は2007年問題も後押しして、
完全な売り手市場だったので、
他の業界も、面接の練習代わりに色々就職試験を受けました。

結果、目指した広告業界は見事撃沈。
内定をもらったのはメーカー、人材派遣、
その他ベンチャーのみ。

それでも広告、特に映像に対しての執着がものすごくて、

「広告代理店がダメなら、制作会社だ!」

そう思って受けた会社に就職しました。

あれから10年以上会社におりましたが、

「あー。こんなはずじゃなかった。。」

と思うことの連続でした。

・給料は安い
・残業は死ぬほど多い
・むしろどこからが残業か分からない生活
・代理店側の社員からはアゴで使われる
・CM撮影の前日は確実に寝れない

「思い描いてた華やかなCM制作の現場は?」

みたいな感じです。

さすがに当時の給料では生活することも出来なかったので、
副業に取り組むことを決めて、
PPCアフィリエイトで月収100万円を達成。

その翌月にはPPCのアカウントが凍結。

100万円を稼いだ時点で、
完全にビジネスをナメてかかったので、
その後は何をやっても続かず、
何をやっても稼げない。

昨年やっとトレンドブログで芽が出て、
情報発信を始めるもそれが会社にバレて、

「森。すまない。このまま解雇だ。」

自宅謹慎からそんなに間も空かずにあっさり解雇。

ここでも、

「こんなはずじゃなかった。
副業でバリバリ稼いで、
余裕のサラリーマンライフを送るつもりが,,,」

こんなのばっかりです。

きっと僕のメールを読んでくれているあなたも、
同じようなことがいっぱいあると思います。

程度は違えど、

「こんなはずじゃなかった」と思うようなこと。

僕自身もやっと分かってきましたが、
人の悩みは掘り下げていけばこの二つに行き着きます。

・お金の悩み
・人間関係の悩み

の二つです。

「お金があったらもっと洋服が買えるのに。」

「お金が無いから、今月は少し節約しよう。」

そして、その問題を解決するべく、
多くの収入を得るために、

「あいつは嫌いだけどしょうがない。働こう。」

「あの職場には行きたくない,,,でもお金が大事。」

これが積もりつもって、

“こんなはずじゃなかった人生”を歩き続けます。

僕は今は少なくとも、
人間関係の悩みはありませんw

好きな人と付き合って、
ビジネスの話をしたり、お酒をのんだり。

この前も僕を解雇した会社の後輩から、
正式にフリーでの仕事の依頼が来ましたが、
丁重にお断りさせていただきました。

ありえない金額の報酬見積を提示して、
それで終了ですw

「なんで自分を切った会社の為に働けるの?」

当然そう思ったので、
生意気かもしれませんが付き合う人を選ばせていただきました。

お金に関しては不安はゼロでは無いです。
そしてこの先もゼロになることは無いでしょう。

だからこそワクワクしますよ。
「一生懸命生きている」感覚を自分で持ちながら生活出来ています。

それでも、トレンドブログ×情報発信 で生きる術がありますから、
なんとかなります!

とりあえずはこれまで抱いてきた不満や、
理想と現実の乖離を埋めて、

本来の自分らしさを取り戻したいと思います。

そしてそれは、
このメールを読んでいただいているあなたにもきっと出来ます。

それがネットビジネスの可能性だと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください