本業と副業を両立させるならこれは必ず抑えておけ!まずは『区別』するな!

本業副業両立1

僕がサラリーマン+副業でバリバリやっていた頃は、どちらが副業で、どちらが本業か本気で分からなくなっていきましたw

費やしている時間は圧倒的に本業の方が長いのですが、内容は副業の方が濃い状態です。

この「時間」だけのバランスだけではなくて、本業と副業を両立させるのは他にも気を付けなければならないことがあると思います。

今回はその辺のお話を。

ビジネスに向かう意識の在り方

よく「ビジネスマインド」を育てなければならないということを言われるわけですが、

・丁寧に指導してくれる野崎さん
・ライバルがわんさか居る環境
・文字と向き合う楽しさ
僕にとってはこんな要素を高めることで、ビジネスに向かう意識が高まり、内容が濃くなっている要因だったと思います。

そもそもネットビジネスに限らず、何か一つの要因でこんなに打ち込めること自体が稀だと思います。

少なくとも僕はそうでした。

よくよく考えて見れば、今までは目先のお金、利益、報酬だけを夢見ていた様な気がします。

今欲しいモノと必要なモノ

僕の場合は、それらの「目先の何か」にばかりいつも目を向けていました。

youtubeをやるにしても、
輸入転売をやるにしても。
報酬しか見ていない。

でもやっと分かりました。

今欲しいモノと、今必要なモノは違う。

 

『今欲しいモノ』
・お金、利益、報酬

『今必要なモノ』
・ビジネスに向かう為の意識
・長く稼ぎ続ける為のスキル

 

これはアド戦士1期のときにお会いした、あるコピーライターの方から教えていただいたことです。

僕もBEC online schoolで学ばせて頂いてから、うっすらではありますが、それに近い事を思っていました。

短期的なところばかりに目が向き、将来の大きなビジョンや、ビジネスの根幹になるマインドが皆無だと。

だからそういった事をストレートに、時にはケーススタディーで間接的に学べるBEC online school で変われたのだと思います。

コミュニティという「環境」を利用する

もちろんBEC online schoolという要素も強いのですが、僕にとってはそのビジネススクールという環境だけではなくて、

そこにアド戦士というトレンドブログにどっぷり浸かれる環境がありました。

本当に、僕にとっては最高の時間を過ごさせて頂いています。

会社にいるとそういった長期的なビジョンだとか、ミッションなんかは感じられないですよね。

(ベンチャーとかは違うのかな,,,)

どうしても利益優先の方向に話がいってしまう。

会社の事情に巻き込まれる社員。

でもそれが企業というもの。それは理解しなければいけないです。

そこに属している事で得られるメリットもありますし。

だからこそ、本業の方でも、今欲しいモノではなくて、今必要なモノを考えていかなければいけませんね。

きっとそれもビジネス偏差値を挙げる手段かなと思います。

そんな意識をもって見ると気合いも違ってくるかもしれません。

本業と副業を両立させるたった一つの意識

そして、ここからが結論。

本業と副業を両立させる為のたった一つの方法は、「本業と副業を区別しない」ということです。

やっぱりどこかで思っているわけですよ。

「どうせ自分には会社員としての給料があるから、今日は副業休んでもOK!」

みたいな感情が。

 

これを思ってしまったら、そこで終了だと思ってください。

むしろ会社員の方は、忍耐力が強いんです。

会社の上司の言う事、わけの分からない上層部の方針、使えない同僚の仕事の後処理w

いろんな事があるわけですが、お金を稼ぐ為に頑張るわけですよね?

この忍耐力ってすごいものがありますよ!

 

本業と副業の比較はOK。でも、区別はダメです。比較することで色んなものが見えてくることがあるんですよね。

例えば会社員のあなたが良く経験する「意味の無い全体会議」。何も決まらない会議なんて意味ないですよね?

それを副業で考えたときにどんな部分と合致しますか?「意味の無い作業」を繰り返しても、ずっと稼げないままですよ。

何の意識もなくただただ作業をしているだけではダメで、必ず何か「意義」を持たせなければいけません。

意味の無い会議にならないように。

 

これを細かく考えていくことが、本業と副業の両立を図る最善の策であり、ビジネス思考を養う為の方法です。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、これだけは覚えておいてください。

 

本業と副業を区別しない。同じビジネスなのだから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください