アド戦士で成果を出せば解雇されても明るい未来が待っていると確信した瞬間

アド戦士成果a

私は2017年の7月に【アド戦士】というトレンドブログのコミュニティに入り、そこからトレンドブログを実践し続けています。

初月は3万円弱、2ヶ月目は月収11万円、3ヶ月目は月収34万円、現時点での最高日給は12万円です。

これらの実績を出せた為にそのまま情報発信を始めたところ、副業がバレて会社から解雇されることになります。それまでは、会社を辞めるという選択肢は無かったので、ショックが無かったわけではありません。

ただ、その先の未来というものが、こんなにも明るいものなのか?というぐらい、悲観的な感情はその時は湧きませんでした。

ただ、その後フリーの個人事業主としての活動を続けていくと、時々思い出すものです。解雇された時のことを。

その度に思います。『崩れ去るのは一瞬』であると。

それまで会社員として積み上げてきたものが、副業一つでダメになる瞬間を。

だから定期的に思いだすようにしています。

「見返してやる」と。

だから今回は、解雇を告げられた後に出したメルマガを転載します。自分の「怒」の感情を忘れない為にも。

会社を解雇後に書いたメルマガ

昨日はメール配信出来ずに申し訳ございませんでした。昨日はアド戦士1期の最後の勉強会だったのですが、セミナーとか勉強会があるときはいつも迷います。

「予約配信にしようか?でも,,,それってあんまりリアルじゃないよなー」

と。

何がリアルじゃないかというと、いつもメールをお送りさせていただく19時というのは、セミナーの日は100%の確率で懇親会の時間でわいわいする時間を過ごします。

その時間にメールだけが配信されて、あなたの元に届く事を考えると、なんか失礼だな。それって。

と思ってしまうんです。

なので予約配信で、しかも自分は遊んでいるときに、メールだけが送信されるのはあまり気が進まないので、本日のお昼のメールとなりました。

きっとこれは情報発信する人によって、その辺の対応が違うと思うのですが、やっぱり僕はあまり背伸びの発信が出来ないので、リアルな僕を見ていただきたく思いました。

なので、このメールでは、今の僕の【リアル】をお伝えします。

テキスト、文章、文字だけで稼ぐことの出来るこの時代に、僕たちはいくらでも情報操作が出来ます。

でも、そこから生みだされる報酬は、まるで、わけも分からないまま仮想通貨バブルで得た

バブル = 泡

のようなお金と一緒だと思っています。

バブルが弾ければどうなるか?それは僕のメルマガ読者様にはご理解頂けると思います。

僕はそういった一過性の稼ぎ方や、何の根拠も無くただお金が動いているような稼ぎ方には、

なんの興味も湧かなくなりましたので、BEC online school の2期、そしてアド戦士2の募集をさせていただく前に、事実をお伝えしようと思います。

僕は情報発信を始めてから、副業サラリーマンにも関わらず、

実名
顔出し

の状態でメルマガ、Facebookでの発信をおこなってきましたが、それが勤務している会社にバレました。

ある日突然呼び出され、

「お前、メルマガとかやってるのか?」

そう言われて見せられたのは、メルマガ登録フォームのページです。

そこからFacebookのページ、配信したメルマガの一部を見せられ、

「副業やってんのか?」

と聞かれたので、素直に「はい。」と答えました。

一応、役職が付いていたこともあって、役員会議にて処分が下されることになったのですが、

直属の上司から、

「悪い。このまま解雇だな。」

という事を告げられ、自宅待機を経て、解雇が確定しました。

「実名」「顔出し」でメルマガ、Facebookでの発信に踏み込んだ時には、ある程度の覚悟はしていました。いつバレてもおかしくは無い、と。

だから、安定した給料が途絶えることからくる「恐怖心」というのはありませんでした。

ただ、今でもあの不思議な感覚は覚えています。

 

「終わる」のって

こんなにも一瞬なんだな

 

解雇を告げられた時に一番最初に自分の胸の奥に浮かんできた言葉がそれです。

これまで尽くしてきた会社が自分を「切る」のは本当に一瞬。

こうなったのはしょうがないです。顔出し、実名のリスクを背負っているので、それは僕に責任があります。全部僕の中に原因があります。

リスクを背負うのも自分
リターンを得るのも自分
これからの人生を考えるのも自分

これを考えると、この半年間BOSとアド戦士に入って、自らを鍛練しておいて良かったです。

覚悟
意識
仲間

次の一歩をすぐに踏み出せる思考を身につけられたから。

ただ、やっぱり落ち込みはしました。10年やってきたことが、面白いほどあっけなく崩れ去った虚しさ。これはやっぱりきついです。

でも、これからの10年は、もっと人間らしく生きることが出来る。そう思っています。

自分一人でやっていくことのリスク。それと引き換えに僕は「道」を選ぶ自由を獲りにいきます。

何もお知らせしないままBOSのセールスと、アド戦士2の募集に入ることも出来ました。

でもそれは本当の僕じゃない。それを隠して、

「副業サラリーマンでも稼げる!」

なんて言ったところで、また「笑えない」自分になっていくだけ。

ですので、明日からのBOS2期の募集開始の前に、メルマガを毎日お読みいただいている方にはご報告をさせていただければと思いました。

きっとこれから、今の僕が想像も出来ないような困難があると思います。

でも、一つ一つ楽しんでいきたいですし、そんな苦しんでいる僕も見ていただきたいです。

順風満帆な人生ほどつまらない人生はない。

荒波も、追い風も全部受け入れて楽しんでいきます!

実は、

この僕の解雇の話を聞いた三浦さんから、すぐにお電話をいただいたんです。

状況は違えど、

「解雇」

という境遇は三浦さんも一緒。だから今の僕に伝えておきたいことがある、と。

どんどん虚しさ、悔しさがこみ上げてきて,,,,

本当にあの時にいただいた言葉は、いつまでも僕の中に残り続けます。

そして昨日は師匠の野崎さん、アド戦士の仲間から、僕の新しい人生の門出にエールをいただきました。僕は本当に幸せ者です。

なので、次は出来るだけ多くの方に、その幸せを感じとっていただく活動に力を入れます!

まだまだ語彙力が足りない。文章力も足りない。

だからこのメールからどんな印象を受けていただいているか,,,

それが若干不安な所ではありますが、

落ち込んでいても何も始まらないので、明るく!元気に!稼ぎます!

ということをお伝えしたいです!

日曜の昼間から暑苦しいメール、失礼しました。

今日は、

野崎さん
竹之内さん
寺田さん

と共に、アド戦士セミナーなので、少しだけ早めにメールをお送りさせていただきます。

たぶん、18時ぐらいになると思います。
(その後は懇親会なので 笑)

それでは、お休みの方も、お仕事の方も、良い1日にしていきましょう!!

それでは。

解雇の現実を振り返って

これが2017年12月に書いたメルマガです。

そこからこの記事を書いているの2018年4月ですから、約5ヶ月が経過したところです。

今思えば、あの時は「個人事業主」になるという覚悟がピンと来ていなかったかもしれません。

その時はなんだかんだで上手くいっていましたし、メルマガでの収益化もある程度自信がついていたので、このままの状態であれば独立しても特に問題なくやっていけると思っていました。

そして現状でもやっていけてます。

ただ、「このまま」というのはあり得ないなと思います。やっていることは紛れもない「ビジネス」です。今までの、ある意味会社に守られていた状態とは全く別次元の話が動く状態。

これを乗り切るためには、知識とか経験とか、そういったものではなくて、強い「精神力」が必要であると感じています。

全ての成果は自分のものです。ただし、それと同時に全ての責任はは自分にあります。

これからも自分が今まで出くわしたことが無いような困難に出会うかも知れません。

そんな時はやっぱりこの解雇された時のことを思い出すようにしたいと思います。

「見返してやる」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください